読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

なんか思い出した話

体調優れず、写真撮れずなので
今日、思い出した話でも語ろうと思います。



私は中学生の時クラスの人気者になりたくて
仕方がなかった。


でも実際のカーストは三軍にすら入れない
最底辺だった。


だからクラスの人気者になりたかった。
中心になりたかった。



ある時カースト上位の奴らの間で
何故か冷やし中華が流行っていて
お昼に冷やし中華を持ってきた人はみんなに
ひとくちクレクレとみんなに囲まれてきゃーきゃー言われていた。


それを見ていた私は
『クラスの中心で人気者と叫ぶ』作戦を思い付いて
(当時セカチューが流行っていたからwww)


私も母に頼んで冷やし中華を持っていったことが
あったんです。


ほら、今日は私が冷やし中華を持ってきたから
これで私もクラスの人気者。中心だ。




「……麺が伸びてる」



そうひとりに言われて終わりました。



後はいつも通りひとりでぽつんとお昼を食べて終わり。



いくらカースト上位の奴らに人気な物を持っていったって無駄なんだ。



結局はその物が人気だからと言っても
結局はその人を見てるんだ。
私は人気者なんかにはなれないんだ。





f:id:kiyokarin:20170424215638j:plain





なんだかむなしくなってその冷やし中華は残した。




かりん

にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村