読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

今思うに

涼に似合いそう!と思った新しいお洋服を
着せたので撮影。



f:id:kiyokarin:20170321183653j:plain





f:id:kiyokarin:20170321184217j:plain





いい感じね(*´ω`*)






今、過去を振り返ってみると
私が書いた文章をほめられることが多かったように思う。



小学校低学年の時からで、
国語の教科書に載っている物語の続きを書けという宿題ではクラス中を爆笑させたり、
将来の夢の作文では担任の教師に
「クラスで一番面白かったwww」って爆笑させたり、
高校生の時にはケータイ小説が流行っていたので
私も流行りに乗ってやってみたら
最高でランキング4位になったり。


今でもあの職場のおじさんに爆笑されながら
「本でも書いたらいいんじゃないwww芥川賞いけるかもよwww」




いやね、特別笑わせようとか、狙って書いてるわけじゃないんですよ。




f:id:kiyokarin:20170321190513j:plain




私が思ったことをただ言葉を並べて書いてるだけで。




f:id:kiyokarin:20170321190922j:plain




しかも勝手に思い浮かぶんですよね。
しばらく書かないでいると、
「書きてぇ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/」
ってウズウズして書きたくてたまらなくなる。


ここ最近はほぼ何かしら文章を毎日書いてますね。




f:id:kiyokarin:20170321191722j:plain




あと写真もほぼ毎日撮ってますね。


もう毎日の日課になってます(笑)



f:id:kiyokarin:20170321191927j:plain



でも今でもそうですが、やっぱり自分で着替えてくれないかな…って毎日思ってます(笑)



かりん

にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村