読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

私もジュンのようだった

ローゼンの3期を見返していたのですが、
ますます学生時代の私を見ているようでした。



f:id:kiyokarin:20170304013214j:plain




「小学校までは成績も良かったんだ。あの中学時代さえなければ。やり直したい」



私もそうだったし、今でもそう思ってる。




f:id:kiyokarin:20170304013518j:plain




バイト先の私の場合副店長だったけど、
「お前みたいな暗いヤツが~」って言われてた。


まぁ、その副店長はお客さまからも嫌われてるような人でしたが。


大学もずっと後ろの席でひとりで座ってた。
周りのリア充ども楽しそうな会話を盗み聞きしてた。
自分が座ってる席の列だけ綺麗に空いてるのも
そっくり過ぎて。




f:id:kiyokarin:20170304014334j:plain




旅行のパンフレット見ながら
「ホテルどこにする~?」って盛り上がってる集団を目撃した時は死にたくなるくらい羨ましかった。



だから私はひとり旅を覚えた。





f:id:kiyokarin:20170304015249j:plain





でもある日いつも同じグループで行動してる女どもがその日休みだったようで居なかった子の
悪口大会で盛り上がってるのを目撃した時は
少しざまぁみやがれって思った。





f:id:kiyokarin:20170304015938j:plain




まぁ、私は典型的なおまいらな学生時代だったんです。


リア充だったのは高校時代だけです。私。



楽しかったな。少しの間だけだったけど
恋愛もして、学校も楽しかった。




f:id:kiyokarin:20170304021207j:plain





でもジュンは腹立つ店長が居るけどバイトには
行っていたから斎藤さんに出会えた。

店長腹立つからバイト辞めるわって辞めてたら
ああはなってなかったでしょう。




f:id:kiyokarin:20170304022702j:plain




私だって辛かったけどなんとなく生きてたら
スーパードルフィーに出会えたわけで。



もしかしたら、もしかしたら。



そう思ったってこうなってしまったんだもの。



受け入れるしかないよね。


かりん


にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村