読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

ほんの些細なことで人生は変わってしまう

もしあの時違う行動をしていたら。



そう思う時があります。



f:id:kiyokarin:20170216033648j:plain



後悔することもあるし、
あの時こうして良かった。
そう思う事があります。


ほんの些細なことで人生はガラッと変わってしまう。




f:id:kiyokarin:20170216033934j:plain




飛行機の事故なんてびっくりするほど
ほんの些細なことで大事故になったりする。




もしあの時ドールじゃなくて
別の趣味を選んでいたら。


もしあの日やっぱり辞めようって
引き返していたら。




f:id:kiyokarin:20170216034855j:plain




このふたりじゃなくて違う子を選んで
お迎えしていたら。




f:id:kiyokarin:20170216035157j:plain




どうなってたのかな。




取り合えず今の私を子供の頃の私が見たら、
びっくりするだろうし、落胆するだろうね。


あまり人様に胸張れるような人生じゃないし。



あの時私はひとつ後悔してることがある。



誰かに助けを求めていたら変わっていたかもしれない。



大人になって思う。
誰かに助けを求める大切さを。


教師なんか頼りにならなくて当たり前だから
うちのばあちゃんにでも助けを求めてたら
変わってたかもしれないな。って思う。


うちは親も変だったから。




でもまぁ、色々あって本当に辛かったけど
生きてて良かったよ。
だって死んじゃってたらスーパードルフィー
出会うことすら出来なかったからね。



ありがとうね。



f:id:kiyokarin:20170216040819j:plain



かりん


にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村