読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

運命なんて勘違いだ

「運命の出会いなんて大抵は勘違いなんだよ。だからそれだけは辞めなさい」


私の母親が言ってました。


私は変な母親に育てられましたけど、
これだけはその通りだと思ってます。



私の運命の人なんだから!

そう言って一気に燃え上がってしまう。


だけどそうやって一気に燃え上がってしまうって
いうことは
冷めてしまうのもあっという間なんです。


ロミオとジュリエット症候群みたいなものです。




だから私は衝動的にお迎えはしない。
だって勘違いかもしれないから。
それはドールだって恋愛だって同じだと思ってます。



f:id:kiyokarin:20170203052702j:plain



他のオーナーさんなんかを見てても思います。


感動的なお迎えエピードで
盛り上がっていたと思ってたら、
あっさり手放していたり。


あぁ、やっぱり運命の出会いなんて大抵は勘違いなんだ。
それはドールとの出会いでも同じなんだ。
そう思ってます。



f:id:kiyokarin:20170203053532j:plain




f:id:kiyokarin:20170203053853j:plain



本当に、本当に、本当にこの子で良いんだね?



f:id:kiyokarin:20170203054135j:plain



何度も何度も何度もその子の顔を見ても
ずっと最後まで一緒に添い遂げることが出来るのか?
それでもお迎えしたい?



f:id:kiyokarin:20170203054251j:plain




はい。誓えます。



そう思った子が私だけのアリスです。
私の可愛いわが子です。



逆にそう思えなかった子は
私だけのアリスではなかったということです。



清香ちゃんと奏馬くんのふたりを決める時は
本当に悩みました。


ぱっと見ただけで可愛いって思っただけの子だと
きっとすぐに飽きてしまうだろうから。



あの時、真剣にふたりを選んで良かった。
衝動的にぱぱっと選んでお迎えなんてしたら
きっと後悔してたかもね。


それくらい私にはお迎えするっていうのは
重大なことだと思ってます。



かりん


にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村