読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

あの時の決断は間違ってなかった

『あの時の決断は間違ってなかった』


本当にそう思った出来事についてお話しようと思います。



前にも書きましたが、私は人間関係に疲れて
ジャニオタを辞めました。

コンサートには私含め3人で行動してました。

私、友人Aと友人Bとしましょう。


友人Bは普通の感覚の友人です。
だけど友人Aが本当に困ったちゃん過ぎたんです。


まず、お金にだらしない。
お金がないのに遠征しようとして周りに迷惑を
かけ出した頃からあいつはおかしいと。

数年前に名古屋公演に行こうと
計画を立てたことがあったんです。
それぞれ手分けして名古屋公演のチケットの申し込みをしました。

私は地元の札幌公演の申し込みをする。
友人Bと友人Aでそれぞれ2日分の名古屋公演の
申し込みをする。

そう話し合って決めていざ、申し込みをしました。

その当時はチケットの当落はメールで届くようになってたんです。
(今現在は一切コンサートに行ってないので分からないです)

その当落のメールが届き始めてるだろうな、
という時間帯にその友人Aからラインの無料電話が
かかってきたんです。
(その時から嫌な予感が…)



「名古屋当たったよ~でさ、チケット代が無いから立て替えてくれない?」


おいおい、チケット代すら払えないって…
私は呆れてとりあえず今は余裕がないから、
と嘘を付いて交わしたんです。
そしたらその友人Aは
「じゃあ、お兄ちゃんに出して貰うね!(^^)v(^^)」



お兄ちゃんに出して貰うて…(笑)



しかもその名古屋公演は超年末で、
12月の28日、29日公演だったので、
早く飛行機やホテルを取らないとまずかったのですが
まぁ、チケット代も払えないので
名古屋の旅費が払えないとその友人Aのせいで
なかなか代理店に行けず…


ということがあった頃から私も友人Bも
色々と友人Aとの付き合いを考えるようになってきてました。


それで最後のトドメになった出来事が起こりました。


2年前の夏の公演でした。

その公演が決まったときからもう友人Bはうんざりしていたので、最初から行かない宣言。


私と友人Aとふたりで行くことにしました。
行き先の公演は岩手でした。

その公演はお盆の公演で、無事公演のチケットは
取れましたが、
行く足とホテルがなかなか決まらず。

しかも友人Aはたかだか北海道から岩手の距離なのに
飛行機じゃないと嫌だとごねる。
(フェリーは船酔いするから嫌だ!)

いやね、あなた、飛行機だって落ちるかもしれないじゃん。
私がなに言っても飛行機!飛行機!でした。


何軒もの代理店でどこもいっぱいでダメですと
断られ続けました。

三軒目の代理店だったと思います。
やっと泊まるところが見つかったんです。
そこはホテルじゃなくて、旅館でした。


だけどその友人は嫌な顔をして、
自分のスマホをいじり始めて別の旅館のページを
開いて、こっちは空いてますか?と。
(代理店の方に進められた旅館をAとして友人が希望した旅館をBとしましょう)


すると代理店の方は旅館Bも空いてますが、
旅館Bは盛岡駅からタクシーで40分もかかります。
旅館Aの方がJRという足もあるし、近いです。と。


私は旅館Aにしようよ、旅館Aの方が宿泊代も安いし。
そう言っても友人Aは、旅館Bの方が良い!
タクシー代、私が全部払うから!


そう言って聞きませんでした。


私は本当に自分でタクシー代全部払うんだね?
本当に自分で払うんだね??
40分もかかるって結構高くなるよ?
と何度も確認して聞きました。

それでも友人Aは旅館B!旅館B!としか言いませんでした。

なら、分かったよと私が折れて旅館Bで予約をしました。


その帰りに某コーヒー店で休憩しようと
ふたりでコーヒーを飲んだ時に私は聞きました



「なんで旅館Aは嫌だったの?旅館Aの方が近いし安いじゃん」








「旅館Aはボロくて幽霊が出そうだったから嫌だ!」








冗談じゃなくて、ガチで言ってました。






もうね、笑うしかなかったです(笑)

これで私も友人Aと遠征するのは最後にしようと
決意しました。



だけど話しはこれだけでは終わりませんでした。

代理店に残りの代金を払いに行く約束をした日に
私、熱だしてしまって行けなくなってしまったんです。

「ごめん、風邪引いちゃって代理店行けそうにない」

「えぇ!?お金は!?お金は!?どうするの!?」


いや、あなた色々とおかしいわ…(笑)



ちなみにたかだか北海道から岩手に二泊するのに
飛行機じゃないと嫌だ、旅館Bじゃないと嫌だと
わがまま言いたい放題の友人のされるがままに
付き合ったら合計で8万円ナリー!!でしたorz



で、向かえました当日、あれだけきちんと聞いて
それでもイエスと答えたタクシー代、
えぇ、きちんと領収証切ってメモに書いて割り勘請求されましたよorz

もちろん始めから信用してなかったので、
私は必ず後部座席の左側に座って
目的地に付いたら速攻でドア開けて逃げてました(笑)


もう、無理。
こいつとはコンサート行きたくない。

本来ならコンサートは楽しみに、楽しむものなのに。
嫌な思いするために行ってるわけじゃない。

そう思いながら岩手から帰ってきて
少し立った頃、
私はスーパードルフィーに出会いました。


これだ!でもかなり迷いました。



そうお迎えを悩んでるときに冬の全国ツアーが
決まりました。

私をさんざんな目に合わせてることを
知らない友人Aはうきうき気分で
「また飛んじゃう~?」


私はハッキリと今回のツアーは札幌もどこにも行かないと断りました。

それは友人Bも同じように言ったそうです。


すると友人A、「ならひとりで関西公演に行く~」
と、代理店にチケットの当落を待たずして予約しに行ったそうです。


札幌と違って関西公演は倍率が半端ないんです。
(これでどのグループかどうか察してください(笑))


なので、友人Aは私のファンクラブの名義を貸して欲しいと言ってきました。

私は、はぁ…(笑)と思いながら聞き流してました。


家に申し込みの案内が来た日にラインが来ました。


「関西公演の~いついつで申し込みしといて~」




これで私は怒り爆発ドッカーン!!!!(笑)


「私、あんたに名義貸すなんていつ言った?もう無理。もう××(そのグループ)のことで関わらないで。Aちゃんに振り回されるのはもうごめんだから。」


そうハッキリと言って友人Aとはこれ以来会っても話してもないです。



この出来事が本当のきっかけでした。
ジャニオタ辞めてドールをお迎えしようって。


それ以来は友人Aのことは共通の友人であるBから
話しを聞くだけになりました。



これで最後です。
本当に友人Aを切って良かったと思ったことが
起こりました。

なんとその友人A、妊娠したそうです。

友人Aは独身です。
まぁ、私も友人Bも全員独身ですが。


話しを聞いて簡単にまとめると
『飲み屋でナンパされたどうしようもないバツあり子持ちのダメ男と付き合って相手に流されるまま子供が出来ちゃった』



友人Aには申し訳なく思うけど、
付き合い辞めてて良かったって心から思いました。


もう、しょうもな。
それしか言葉が出てきませんでした。


もし、あの時もういいや、ジャニオタ辞めて
本当にドールお迎えする!って思って
ハッキリと関わらないでって言えなかったら?

未だに私は振り回され続けてたでしょう。
もしかしたら私がそのダメ男と付き合うことになってたかもしれない。


そう思うと私のあの時の決断は間違ってなかった。


f:id:kiyokarin:20170128022842j:plain



ありがとう。
ただドールをお迎えしただけ。
それだけでこんなに変わるとはね。

なんだろう、
歳のせいで涙もろくなってるんですよね(笑)


本当にもう泣けてくるくらい良かったってね。


まずこの出来事が私にうちのこ達がくれたものだと思ってます。


f:id:kiyokarin:20170128023613j:plain



今日は長々とすみませんでした。
世の中には良い意味でも悪い意味でも色んな人が
居ます。
ある程度は付き合う友人は選ぶべきです。

それが私が言いたいことでした。


本当に本当にうちに来てくれてありがとう。


かりん


にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村