読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

事のはじまり。

私は元ジャニオタです。
それもかなり熱狂的なジャニオタでした。


初めて生で見た芸能人はSMAP
小学生の頃から去年までコンサート命でした。
1年で10回以上見に行った時代もあり、
自分で稼ぐようになってからは1年で3回飛行機乗ってあちこち追っかけてまわったりした時代もあり。


私は一生ジャニーズにワーキャー言っていくんだ!(*´∀`)♪
そう思ってました。
なのに…私は完全に今はコンサートには行ってません。
あんなに大好きだったのに。
今は地元のドームに来ても他人事になってしまってます。


それは何故か。


率直に言うと人間関係です。ファン同士の。
良く言われるのですが、本当にあるんですよね、
ファン同士のいざこざって。
私の場合、一緒にコンサートに入っていた友人の
ひとりがとんでもなく困ったちゃんだったんです。


本格的に揉めるようになったのは
地方公演に遠征するために飛行機やらホテルの手配をする時でした。
この行き方じゃやだ!このホテルはいやだ!
ワガママ言いたい放題の友人に振り回され、
私はうんざりしはじめてしまいました。
挙げ句のはてには金銭トラブルまで起こされたりしました。


もう、勘弁してくれよ…


でも私にとってジャニーズのコンサートは
生き甲斐でした。
コンサートのために辛くても色々頑張って来た。
小学生の頃からずっと続けている趣味。
簡単には辞めるという決断は出来ませんでした。


なにしろ、ジャニーズのアイドル達には
罪は一ミリもないんです。


どうしよう。
でももうあの友人には振り回されたくない。


そんな時に出会ったのが、
ボークススーパードルフィーでした。
衝撃的でした。
なんて綺麗なんだろう。
本当に喋り出すんじゃないかっていう位リアル。


これだ!一目見てそう思いました。


でもそれでもかなり悩みました。
きっと今までで一番高い買い物になるだろう。
どうしよう。どうしよう。
沢山ドールのことを調べました。


そんな時東京で私の一番大好きだったジャニーズの人の舞台が決まったんです。


それで私は決意しました。
この舞台でジャニーズ趣味は一旦お休みしよう。
そして、その足で原宿へ行ってお迎えをしよう。


私は北海道に住んでます。
これで本当に良いんだよね?
そう思いながら、各種チケットの手配をして
いよいよ東京へと旅立ちました。


最後に見た舞台は本当に良い席だった。
今までありがとう。楽しかったよ。


その足で原宿の天使の窓へ向かいました。


なんかこれも運命だったのかな。
わかる方には、分かると思いますが、
原宿の窓ってジャニーズショップがある道を
突っ切ったところにあるんです。
だから、私はジャニショの前を
「今までありがとう~(´;ω;`)楽しかったよ、さよなら。私はこっちの道に行くね(つд;*)」
そう心の中で言い聞かせながら
ジャニショの前を突っ切り、原宿の窓の扉を開きました。


私がスーパードルフィーを生で見たのは
その日が初めてでした。
私はコーディネートモデルの
男の子と女の子でふたりでお迎えをしよう。
そう決めていました。
そこで出会ったのが、清香ちゃんと奏馬くんでした。

f:id:kiyokarin:20170122045550j:plain


これが私がスーパードルフィーをお迎えするまでの話です。


ちなみに特別子供の頃から人形が好きだった、
っていうわけじゃないんです。
何故か突然スーパードルフィーは運命を感じてしまったというか…(笑)


でもあの友人を切ってでもドール趣味に移行して
良かった!(´;ω;`)
って思った出来事があったんです。
これはまた後日機会があれば書きます。


今は4人にまで増えて、本当に幸せです。
あの時思いきってお迎えしてよかった。
大事な、大切なうちのこ達です(*´ω`*)


次はうちのこ達の紹介をしますね!

かりん

にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村