あの日の少女の夢は

スーパードルフィーと暮らしてる女の日常

うれしい。

なんとなくは感づいていましたが、
やっぱりコンテストの副賞は応募者全員に
届いていたみたいですねwww



いやー、なまら勘違いだべwww(北海道弁)
恥ずかしいwww




と笑ってましたが、じっくり特別号の表紙を
眺めていたらびっくり。




私がコンテストに投稿した写真が表紙に載ってる!





表紙の『ボークス創業45周年記念メモリアル特別号』の『ボー』の文字のところに載ってます
(ノ´∀`*)






うれしいですね\(^o^)/
残念ながら立食パーティーには行けなさそうですが
これは嬉しいです。










f:id:kiyokarin:20171120230357j:plain







本当にうちの子達がどんな大人になるのか楽しみです。






かりん





にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村

真っ白な世界

雪が積もりました。





f:id:kiyokarin:20171119182610j:plain





このまま根雪になるのかな?
またこの季節が来てしまった…と(笑)






f:id:kiyokarin:20171119183044j:plain







f:id:kiyokarin:20171119183130j:plain






もう寒いだろうから今日は暖かい部屋で撮影。






f:id:kiyokarin:20171119183314j:plain







f:id:kiyokarin:20171119183350j:plain





幼っ子は本当に小さくて可愛い。






f:id:kiyokarin:20171119183506j:plain





かりん




にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村

ピアスの話

先日まんだらけに行った時にピアス穴ありと
書かれている子が居て思い出した話なんですが…


※今日はほぼ文章です。




私、凄くピアス開けていたんです。
耳以外にも開けていたし。
余裕で二桁開けていました。

開けていた時はカッコいいと思っていたし、
ピアスが好きでした。




だけど今は後悔してます。
耳はピアスをしばらく外していても塞がらず
今でも耳はボコボコ。裂けてしまったホールもあります。
ボディーピアスの跡もがっつり。
まぁ、顔面には開けなかったのが救いかな…(笑)



SDにもピアスを開けることが出来ると知った時は
開けてあげようかな、と悩みました。



だけど私自身がして後悔してることはしてほしくない。

女子校のジメジメした女の世界だって知ってほしくない。




もう私の子供なんだろうね(笑)





f:id:kiyokarin:20171117234523j:plain






かりん


にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

今日、ボークスから白い封筒が届き、
なんぞや?とびっくりして開けてみると、





f:id:kiyokarin:20171115231032j:plain





どうやら私が応募したしろくましげちゃんのコンテストに入選したようなんです。



ああ…今年は本当に充実し過ぎました。


どうしよう、凄くうれしい。






かりん



にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村

ただいま改装中

他の撮影スペースはクリスマス仕様にしようと
今ごちゃごちゃしていて落ち着いているのは
ここだけなんですorz







f:id:kiyokarin:20171113221516j:plain








f:id:kiyokarin:20171113221843j:plain







ごめんね、もうちょっと待っててね。







f:id:kiyokarin:20171113222057j:plain





かりん



にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村

やっぱりいたずらする子

やっとものもらいのかゆみが治まり、
もう少しで膿が出てきそうになりました\(^o^)/

なので久しぶりに撮影。






f:id:kiyokarin:20171112020504j:plain






左目だけ涙袋入れる整形したのか、っていうくらい腫れ上がってしまってorz






f:id:kiyokarin:20171112020737j:plain







話しは変わりますが、瑠璃ちゃんに新しいウィッグです(*´∀`)
なかなか似合ってて可愛い。







f:id:kiyokarin:20171112020956j:plain






まんだらけのひめかずらです(*´∀`)
安いし、種類も色も豊富でお気にいり。






f:id:kiyokarin:20171112021209j:plain






あとハッピーセットのりかちゃんをお迎えしてました(笑)








f:id:kiyokarin:20171112021357j:plain






ものもらいは痛いし、かゆいけどうちの子達は目に入れても痛くないぜ\(^o^)/





かりん




にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村

ものもらいがさらに酷くなってしまったので、続きを書いてみました。

 次の日の昼休み、僕はまた彼女に出会った。
 

 たまたま図書室の前を通った時に彼女が図書室の机に座っているのが見えた。それは後ろ姿だったが、金髪でとても長い長髪だったのですぐにあの彼女だと分かった。
 

 図書室の中へと入り、あの彼女の近くに寄る。相変わらず彼女はひとりで居るようだった。
 

 彼女の手元を覗き込むと彼女はどうやら編み物をしているようで毛糸玉が彼女の手の動きに合わせてころころと机の上で踊っている。


「何作ってるの?」
 

 後ろからそう僕が彼女に話し掛けると彼女は驚いて手の動きを止めてしまった。
 昨日と同じように動揺しているようで彼女は何も答えない。
 

 良く見ると彼女が座っている机の上には昼に食べたであろうランチクロスに包まれたお弁当箱が隅に置かれていた。


「もしかして、昼もひとりで食べてるの?」
 

 僕がそう言い終わらないうちに彼女は少し泣きそうな顔をした。また彼女はなにも言葉を発することはなかったが、この問いに関しては、イエス、ということなのだろう。


「女の子がひとりで食べてるなんて珍しいね」


「……ひとりでお昼ご飯すら食べられない女子の方がおかしいのよ」
 

 昨日と違って僕が聞いた彼女の声は静かな図書室だったということもあり、はっきりと彼女の声を聞いた。

 彼女の声は中学生にしては凄く大人びていてまるで透き通るような綺麗な声。すごく繊細そうな声。ますますそう思った僕は思わず、「声、綺麗だね」と口に出した。




f:id:kiyokarin:20171111004444j:plain






f:id:kiyokarin:20171111004603j:plain





かりん



にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ
にほんブログ村